川崎重工業は24日、米国で航空機部品の製造に乗り出すと発表した。ネブラスカ州のリンカーン工場(写真=川重の発表資料より)で、米ボーイングの最新型旅客機である「777X」に使う貨物扉の組立ラインを新設する。これまで国内では航空機向けエンジンの部品や、米ボーイングの分担製造品などを手がけてきたが、米国での航空機部品を製造するのは初めてという。

 ボーイング777Xは大型機777の後継機として2017年に製造を開始し、20年の初号機引き渡しを予定する。川重は777Xの前部胴体、中部胴体、主脚格納部、後部圧力隔壁、貨物扉の開発・製造を担当している。

 リンカーン工場では777Xの量産開始に向け、自動で鋲(びょう)を打つ機材や自社製の塗装ロボットを導入。高速で安定した貨物扉の製造ラインを目指す。2017年3月までにリンカーン工場の敷地内にある約2800平方メートルの区域を整備し、同5月からの稼働を計画する。

 同工場は川重の米現地法人の一部として1974年に2輪車の製造を開始。81年に製造子会社として分離し、現在は4輪バギーや水上バイク「ジェットスキー」、鉄道車両などを製造している。

f:id:gaku-tokyo:20151224201304j:plain