「圧倒的な当事者意識」を持つ

これは、某有名企業の社員が、行動の指針としている言葉です。

当事者意識を持つ、とはどういうことでしょうか。

 

受験するのは自分ですから、自分が当事者なのは当然です。

しかし、当事者【意識】が欠けている人は沢山います。

「環境が悪かったからダメだった。」

「あの人のせいでダメだった。」

『今起きていることは、自分のせいじゃない。』

当事者意識の無い人は、よく自分以外のもののせいにします。

そして、現実から逃げ出します。

しかし、当事者意識を持っている人はこう考えます。

「環境が悪ければ、環境の改善から行おう。」

「どうすれば、人から悪い影響を受けないようにできるだろうか。」

『工夫して改善しよう。何故ならこれは【自分のこと】なのだから。』

 

当事者意識を持てば、人は驚くべきスピードで成長します。

常にどうすれば良くなるかを考えているからです。

言うのは簡単ですが、当事者意識を持つのは簡単ではありません。

私は、当事者意識を持つお手伝いをします。

具体的には

「何故そう考えたのか。」

「何故そういう選択をしたのか。」

「何故そういう決定に至ったのか。」

などを、事細かに掘り下げていきます。

決して妥協はしません。

何故ならば、私自身、当事者意識を持ってやっているからです。

私は受験の当事者ではありません。

しかし、当事者意識を持つことによって、当事者の視点に立って物事を考えることはできます。

 

是非皆さんも当事者意識を持ってください!